特典豊富な複式簿記の青色申告と簡単な帳簿でOKの白色申告

NO IMAGE

収入が生業以外からも得られるので家計が潤うのも副業の良いところ、生業では得られないような知識を得ることができたり、経験ができるなど受けられる恩恵は実に豊富です。
お財布にもゆとりをもたらし、キャリア形成に経験が生かせることもある副業ですが、所得があれば必ず申告と納税も行うことになります。副業の場合は本人による確定申告が必須、確定申告のやり方は白色申告と青色申告の2つです。

帳簿に複式簿記で細かく記帳をしていくのが青色申告であり、形式としては複雑ですからある程度の知識が求められます。曖昧ではなく記帳は正確に行い申告をするのも青色申告の特徴であり、それゆえに帳簿の信頼性は大変高いうえに特典があるのもメリットです。
最大級の利点としては青色申告特別控除があること、青色申告は決められた条件を満たすことで所得控除があります。白色申告とは一線を引く青色申告特別控除は、副業確定申告をするうえでもお財布の味方です。

がんばってみたものの赤字所得となれば寂しいですが、青色申告の場合は赤字の際の繰り越しをすることができます。
マイナスとなっては副業をやった意味がないと凹んだとしても、翌年以降から計算しての3年で黒字になったらそれから控除できるので、すぐに諦める必要はありません。

繰戻還付が受けられるのも青色申告のすごいところ、前年分への繰り戻しで所得税の還付を受けられるなど、希望を持って副業をすることができます。

とはいえやはり青色申告は複雑な部分があるのは否めず、とにかく細かい点までクリアでなければなりません。
いささか面倒に感じて、得られる特典は魅力ではあるものの、そこまで副業収入は多くはないと面倒に感じるなら、選ぶべきは白色申告です。

初心者からすぐにマスターできるとはいいがたい複雑な複式簿記の青色申告とは異なり、白色申告の帳簿は簡易的でさほど難しくはありません。
簿記などの経験がなく副業の確定申告を手間に感じる人でも、簡易的なやり方で出来る白色申告なら一気にハードルは下がります。
白色申告を選ぶ倍は青色申告のような特典はないですから、この点だけは自分の中で承諾をしておくことです。
基本的に副業の確定申告をするなら、青色申告の方が何かとメリットはあります。

複雑で難しくて手間がかかるのを避けたいのであれば、誰でも簡単にできる白色申告を選ぶことで、副業の確定申告をするのも嫌にはなりません。
次第に副業による利益が上がってきたら、少し手間はかかるものの青色申告を検討してみることです。